Educational Profession

英語の勉強をするなら短期の語学留学がオススメ!

勉強しやすいセブ島

1か月で英語を習得

アルファベットと人形

短期の語学留学としてセブ島は話題となったことがあります。
今でも短期の語学留学の行き先としてセブ島は人気があり、その理由は環境の良さと勉強スタイルと、費用の安さです。
セブ島は自然豊かな景色の良い島で、語学留学としていくだけでなくバカンスとしてでも人気があります。
そのため、勉強で疲れた体をリフレッシュさせることができ、勉強後の楽しみとして快適に過ごすことができます。
そしてセブ島で開催されている英語教育はなかなか厳しいところもあり、学校によっては母国語を話すことを禁止されています。
母国語を使えば強制的に退学させられるところもあり、英語しか話せないルールを定めている学校もあります。
そしてなんといっても人気の秘密は安さにあります。
短期の語学留学では、1か月10万円ちょっとで宿泊代も含めて学べるところがあるといわれています。
中でも、セブ島は物価も安く、買い物も安く済ませることができ、1万円を持っていれば1か月は十分に過ごしていくことができるほどです。
セブ島の語学留学は1か月という短期間で行う人が多く、1か月だけでも基本的な英語力を身につけて帰ることができるといわれ、日本に限らず英語を習得しようといろんな国から語学留学にやってきます。
1か月の短期間なら頑張ってみようと、少々バカンス気分で楽しみながら学べることもあり、今でもセブ島の語学留学は人気を呼んでいます。
しかし環境が良い場所とはいえ、日本と違って窃盗や詐欺など起きる可能性もあるため、それに対しては十分に気を付けなければなりません。
社交的な人が多い島といわれていますが、貴重品など大切なものはしっかりと維持していくことが重要です。

限られた時間を有効利用

男性

社会人になると、仕事の拘束時間があるため、学生時代に比べると自由が少なくなります。
そんななかで、限られた時間を有効利用して、語学をマスターしたい場合には短期語学留学がおすすめです。
最短で1週間程度から2か月、3か月のプランがあるのが特徴です。
一週間程度の場合には、長期休暇や有休休暇などを利用して十分に語学留学が可能です。
例え短期であっても、目的とする語学を使う国に身を投じることで大きな成長へとつながります。
現地の文化に触れることによって、更に学習の意欲を高めることが可能です。
時間を工面して語学留学をしなければならないのが社会人であるため、短期集中でしっかりとカリキュラムが組まれていることが条件になります。
短期の場合には旅行気分に偏りがちですが、目的を明確にして語学留学を行うことで、飛躍的に語学能力を伸ばすことができます。
行きたい国や都市がある場合には、ピンポイントで短期留学が可能なプランを探すとよいでしょう。
近年、社会人向けの語学留学をサポートしてくれる会社や旅行会社が増加してきています。
また、会社によっては語学留学を奨励している場合もあるため、自身の会社が語学に対してどのような体勢を取っているかを予め確認しておくと安心です。
今従事している仕事のキャリアアップにつながる場合には、会社のサポートを得られる場合もあります。
まずは自身がおかれている環境でどれだけの期間留学できるかを調べてみましょう。

スキルを身に着ける方法

英語の辞典

海外進出する企業が増えているために、最近のサラリーマンは外国語のスキルの向上にも意欲的であり、語学留学へのニーズも大きいです。
しかしサラリーマンが取得可能な休暇の日数は限られているので、2週間以内でプログラムを終えることができる、短期の語学留学のプランが評判です。
毎日5時間以上のレッスンが受けられる短期留学プランは、商談などで役立つスキルも身につけられるので、目的意識を持っているビジネスマンにも最適です。
2週間のコースであれば費用は30万円程度であり、集中的にトレーニングを受けると、プレゼンテーションや日常会話の技能も向上するでしょう。
一方で最近では積極的に転職するビジネスマンも増えており、会社を退職したときが、短期の語学留学に参加する絶好の機会です。
次の会社に就職するまでに1か月程度の余裕がある人も多いために、4週間前後のハイグレードな短期の語学留学のプランが大人気です。
4週間のコースの相場は60万円前後ですが、ホームステイのプランを選んだり、現地で旅行を楽しむことも可能です。
一人一人の目的に合わせて語学留学に参加することが重要なので、事前に相談会などに参加して、最適なプランを選ぶべきです。
初めて海外に行く人でも気軽に参加できるプランが中心ですが、効率的に英会話のスキルを身につけるには、中学校レベルの英語をマスターするのが理想的です。
出発前に外国語学校や通信教材を活用して英会話の基本を学ぶと、現地でもスムーズに語学力を高められるでしょう。